Q & A

お問い合わせでよくいただく質問についてまとめました。
お試し参加希望前に不安な点があればご確認下さい。

Q1 練習に毎回参加することが出来ません。
A1 ReVeloでは「この日は来て下さい。」というような強制練習はありません。各メンバー、家庭や仕事、資格の勉強などをお持ちですので、そちらを尊重しています。参加出来る練習にご参加下さい。参加数が少なくても気にしなくて大丈夫ですよ。活動の傾向は土曜日が7割、日曜日が3割という傾向です。(祝日がある週はケースバイケース)

Q2 午前中だけしか時間がありません。
A2 途中参加・途中離脱は各メンバーの判断にて行っていただいて構いません。集合した際に「どの場所で離脱する」と集合時にメンバーへお知らせ下さい。時刻管理は各自で行っているので、ここで抜けます等の宣言はご自身でお願いします。言い出せなかったり、楽しくなって最後まで走ってしまい、帰って家族に怒られても責任は取れません。

Q3 レース・サイクルイベントに参加したことがありません。
A3 ReVeloはレース未経験者のデビューを促すためのチームではなく「レースで速くなる事」を目標としています。また、各自の自主性を重視しているのでレースに出たいけど経験者がいないので不安というような方ではなく、自ら飛び込んでしまう意識の高いレース経験のある方を大募集しています。ここ重要で、残念ながら未経験者は募集しておりません。「レース外の通常走行で速くなりたい」という目的の方がたまにいらっしゃいますが、レース未経験の方は一律お断りしているため、お問い合わせいただいても対応出来ませんのでご了承下さい。

Q4 レースチームって厳しいですか?
A4 実業団ではなく、あくまで社会人サークルとして活動しています。雰囲気としては他チームにサイクリングサークルがありますが、活動内容の目標をサイクリングからレースに置き換えたものとお考え下さい。目標はレースで速くなる事です。趣味の一つですから楽しくやりましょう。年に何回以上レースを出て下さい、順位は何位以上取って下さいと言うノルマはありません。

Q5 年齢制限はありますか?
A5 社会人であれば年齢の制限はありません。メンバーは20~40代が主で平均年齢はざっと33歳前後かと思います。なお、学生の募集は行っていません。(メンバーの紹介ならば学生OKです。但し未成年は不可

Q6 決まり事とかはありますか?
A6 集合時間は守って下さい。他は特にありませんが、練習中やレース中にメンバーに限らず一般の方含んで悪態をつく方(「邪魔だ!」や「どけ」などの怒号等)や約束を守れない方や挨拶できない方、交通ルールを守れない方はご遠慮いただいてます。人間性重視です。あくまで楽しく!

Q7 集合時間は何時頃ですか?
A7 練習先にも寄りますが、概ね夏場は6時30分、冬場は7時ちょうど~7時30分頃に指定場所(川島町が多いです)とお考え下さい。道中の途中参加はこの時間に限りません。逆にこの時間に集まれない方、ReVeloメンバーとしての参加は難しいです。午後は家族との時間を取っていただくなど、短時間高強度で自宅へ帰ることが基本になります。

Q8 チームジャージを購入する必要はありますか?
A8 ありません。お好きなウェアで参加していただいて大丈夫ですよ。痛ジャージの着用は拒否しませんが、ネタとしていじられる覚悟は・・・。

Q9 住まいは遠くても大丈夫ですか?
A9 埼玉県内には他サークルが多いので基本的にはお住まい近くのサークルをお勧めしますが、どうしてもReVeloが良いという栃木在住のメンバーもいます。集合時刻と場所はこの記事を参照していただき、集まれるかどうかご検討下さい。

Q10 技能的に迷惑を掛けるかも・・・。
A10 最初から速い人はいません。ReVeloの前身であるBeginner'sPluck結成当初は35km/h巡航することはかなり苦しいものでした。レース参加経験があれば、ある程度の技能レベルはクリアしていると思いますので慎重になりすぎる必要はありませんが、お試し参加後、実力が不足しているなと感じたらしっかり練習を積んで下さい。

Q11 参加を断られることはありますか?
A11 お試し参加をいただきましたがあまりに実力差がありすぎたため、お断りした(というか自主辞退された)ことはあります。基本的にこちらから断るというケースは滅多にありません。ただし未成年者は一律お断りしております。なおその方は1年経過後、再度お試し参加へ挑戦してメンバーになっています。

Q12 レース・サイクルイベント参加経験がないけど入ってみたいです。
A12 申し訳ございませんがヒルクライムやエンデューロなどのレース、またはセンチュリーライド・グランフォンドなどの長距離イベントに参加したことがない方は対象外としています。これには理由が有り、集団走行は実力以上の速度が出ます。さらに私たちのチーム走行はポタリング速度ではありません。その際に無理をして先行者について行き、集中力を欠いた状態でのブレーキング技術に不安があるためが一つ目の理由です。二つ目は実力以上の距離に乗ってしまい、帰り道で体力が続かなくなってしまうケースです。三つ目が実際にレースに出てみて肌に合わない方は少なからずいらっしゃいます。私たちのチームはレースで速くなることが目標ですので、レースが楽しくないのに一緒に走るというのは話題も合いませんしお互い不幸になります。以上三つの理由により、レース・サイクルイベント経験者のみと限定しており、参加歴がない場合は一律お断りしております。ご了承下さい。

Q13 実力差とは具体的にどんな感じ?
A13 スタミナ不足で帰りに離脱したなど、速度的な問題より体力的な問題が大きいです。「単独自走でヒルクライムを含む120km以上(休憩は4回以内)」走った事があればおそらく大丈夫です。集団ですと距離は実力以上に走れてしまうので単独自走を目安にして下さい。ReVeloではハンガーノック発生時以外、練習強度を上げるために出来るだけ休憩を取りません。(休憩例として白石往復の場合、集合場所(川島)、ときがわベース、白石頂上、田中セブン、解散場所(川島)になります。)

Q14 対人・対物事故が起きたことはありますか?
A14 幸いなことに賠償責任が伴う車・歩行者との接触事故や物損事故が起きたことはありません。ただ、チームメンバーが2台絡んだ落車が起きたことは残念ながらあります。自己練およびレース中の単独落車・巻き込まれ落車はありますが自己責任です。練習中に落車することは希にありますが、通常起こりうる範疇の落車です。

Q15 目安となる実力が知りたいです。
A15 走行速度は無風時平坦で回復:25km/h、ゆるポタ:30km/h、通常移動:35km/h、練習:40km/h、高強度:それ以上とお考え下さい。個人メンバーの実力はそれぞれのSTRAVAをよくご覧下さい。FTPやパワー値は環境により変動するため、申告いただいても参考にしていません。チームメンバーの上位入賞する方でパワー計をあえて付けていない人もいます。

Q16 走行中、千切れたら待たないって本当ですか?
A16 少し大げさに書きましたが、例えば周回練やヒルクライムの場合はちぎれた人を待つ行為は練習にならないため一切待ちません。目的地への移動中の千切れに関しては、多少速度を落とすことや交差点等で待ちますが、完全について行けない場合、遅い方へ速度を合わせることはしません。千切れてしまった方が待っている人に追いついたとき、最初に発する言葉を想像して下さい。大抵「遅れてすみません」です。疲れている状態ですから走行再開し、さらに千切れたらどうなるでしょう?もっと恐縮してしまい、走る事が負い目になると次に繋がりません。なのでReVeloでは遅れた人を待ちません。集合場所・休憩場所まで自力でがんばって追いついて下さい。そして堂々と「遅れました!」と笑って言って下さい。それなら誰にも迷惑は掛かりませんので、「スミマセン」は要りません。(休憩時間は少なくなるかもですが!笑)

なお、平坦復路は40km/hを超える全力走になることが多く(頻度はほぼ毎回、理由あっての全力走です。)、追いつけないくらい千切れた場合は各々帰宅していただくケースになる場合が多々あります。(ReVelo名物の”千切り愛”です。)この場合、無理に先頭を引いていただく必要はありません。

Q17 女性メンバーはいますか?
A17 2018年4月現在で0名です。ReVeloでは男女差をつけませんので性差によるハンデキャップは無く、同じグループで走っていただきます。チーム目的はレースで速くなることですから、女性を積極的に募集することもありませんので、オタサーの姫は不要です。強く速くなりたい女性はウェルカムです。

Q18 参加の流れは?
A18 まずHPをざっとお読みいただき、興味があればお問い合わせフォームよりご連絡下さい。メールベースのやりとりで調整を進めてお試し参加という形で一度メンバーと走っていただき、参加したその場あるいは解散後に継続の意思を示していただくことでLineグループとSTRAVAクラブに招待いたします。特に手続き等はありません。HPからのお問い合わせ後、中々タイミングが合わずお試し練に参加出来ない方がいらっしゃいます。その場合はHPの活動記録に次回以降の練習予定を記載しますので、その中から参加したい日の内容をお知らせ下さい。お試しに参加せず、いきなりメンバー加入するという流れはありません。

雨天などやむを得ず、急遽当日の集合時間変更や中止になる場合があります。ご了承下さい。

Q19 未成年です。保護者の同意書があっても参加出来ませんか?
A19 申し訳ありませんが同意書があっても加入はご遠慮いただいています。保護者から同意をいただいたとしても練習内容が正しく保護者の方に伝わっておらず、トラブルになってから「未成年にそんな練習させる(そんなところまで走る)なんて聞いていない!」と言うような事案が発生しかねないため、いかなる理由があっても未成年の方は対象から外すこととしました。

Q20 バナー欄にあるLINE友だち追加って何ですか?
A20 これはお店などが使っている「LINE@」ですので、ReVeloメンバーが使っているグループLINEに入れるわけではありません。ReVeloメンバーの特定の方と会話することは出来ません。また、このボタンを押してReVeloを友達に追加してもReVelo側では友達追加されたことがわかりませんので、ReVelo側から会話を始めることは出来ません。必要に応じて何か聞きたいことや、他サークルの方で飛び入り参加したい場合のお問合せ等にご利用下さい。中の人(ひらまつ、またはArkstrong)が回答出来るときに回答します。

Q21 メンバーになるための紹介制とはどういうことですか?
A21 メンバーになるにあたり、本気度をはかるため一定のハードルを設けることとしました。ReVeloでは近隣チームとの交流も多いことから、近隣チームから紹介していただくか、レース会場で直接お話しをすることでお試し練に参加し、その後に継続意思があればメンバーに入っていただくという形となります。手っ取り早いのはレース会場でお声がけしていただく事が楽かなと思います。その際、Line@でいつのレースに参加するとお知らせ下さいね。

Q22 何か必要なものはありますか?
A22 レースで速くなりたいと思う気持ちと、楽しむハートです! もうひとつ、STRAVAの利用を強く推奨(どうしても使えない理由を除き必須)とします。アカウントが無ければ、お試し参加お申し込み前にお作り下さい。無料です。

不安は晴れましたでしょうか?
ではこちらからお問い合わせをどうぞ!

2019/08/22