トレーニング

8/12 灼熱の白石弓立練 8/14(遠征試行)赤城山ヒルクライム試走

2017/08/15

8/12 灼熱のSei練 白石弓立

参加者(敬称略):Oikawa、壮、べーやた、Sei、もーりー(仮称)

当初朝スタートの予定でしたが雨のため開始を遅らせて開催となり、残念ながら午後予定ありの方もいて不参加者が増えてしまいました。本当は私も参加したかったのですが金曜夜に38度発熱して寝込んでしまい、大事を取って参加を控えました。

大屋敷セブンスタートの大東坂経由白石峠からの萩日吉神社、帰りの入間TTでTTバイクを追いかけるという平地&山づくしでキレッキレなOikawaさんが大満足な練習だったようです!メンバーのOgeさんから「Oikawaさんの伸びた鼻をへし折る」とうい生暖かいコメントも届いております!べーやたさんも久しぶりに白石で満足できるタイムとなったようで、やはり競う相手がいるという刺激が重要みたいですね。

私、しばらく平地を我慢して今年後半はべーやたさんに付いて白石べーやた練を重点的にトレーニングしようかと本気で考えております。

8/14 ReVelo遠征練試行 赤城榛名グランフォンド→赤城山ヒルクライム

参加者(敬称略):壮、ひろ、べーやた、Sei、ひらまつ

遠征練を特に企画していた訳ではないのですが、お盆休みにべーやたさんが白石三昧予定だと聞いていたので私が「1日どこか遠征しませんか?お供します」と言い出したのがきっかけで遠征試行に至りました。

壮くんは折角北関東へ行くので合流できれば現地集合、Seiさんと私はべーやたさんとかなり家が近いのでピックアップしやすく、ひろさんは仕事柄お盆休みは関係無いだろうなあとは思いつつ怪我の治りかけで自走ではないことから体への負担も少ないかなと、失礼な言い方かもしれませんが特に調整が楽そうな方を中心に車に積める4名を恣意的に順次お声がけしました。

予定のコースは赤城山ヒルクライムを試走した後、渋川へ抜け伊香保側から榛名を裏側から登って榛名側に降りて赤城に戻る130km3000mの山岳グランフォンド。(お昼休憩は私の希望で行ってみたかった永井食堂のモツ煮定食)

ところが朝4:30に南畑ローソン集合の予定が、前日は夜更けから雨で朝も雨。こりゃ中止かな?とYahoo天気を見ていると10時頃から前橋は曇りとのことでみんなが様子見状態の時、Seiさんが用意できました!の一声でべーやたさんが「じゃあ直接家までピックアップします!」との流れから強行採決!

全員ピックアップして(ありがとうございました。)関越を北上。時間を考えるとやはりお盆で車は多い。途中、滝雨が降ってきて「これ走れるの?」状態でしたが待ち合わせ場所の道の駅大胡へ到着。壮くんも30分後くらいに合流。

雨が上がるまで車待機しつつ、壮くんの転職相談会が勃発です。途中、白石なら雨上がってるから走れるんじゃね?的な会話もありましたが、雨雲レーダーによると前橋は9時頃にはいったん止むはずなのに止む気配はないものの、8:30過ぎに雨が少なくなったので準備開始。

ところが私が空気入れてる最中に車体が倒れてしまい、チューブバルブが折れて自走不能に。バルブ交換しようと思ったけど交換できないタイプなのね…。予備のブチルチューブに急遽チューブ入れ替えを行って赤城山ヒルクライムのスタート地点まで降りると雨は上がっているじゃないか!と言うことで、今回は赤城山ヒルクライムのみとして登坂スタート。

信号は厳守で登ると残り12kmくらいからミスト状の雨、先に出発していたもののここで4選手に抜かれます。残り10kmくらいから本格的な雨になり、赤城は最初ややゆるめ、中盤からキツ目のコースプロファイルで私には残り10kmが地獄のヒルクライムでした。雨キツい、一人キツい、発熱の後の病み上がりキツい、体重重いキツい、斜度キツい、チューブもラテックスからブチルに変えたキツい(理由になるか?)、とキツいづくめ。ハルヒルも富士ヒルもちょっとした平坦区間があってガチ漕ぎするものの呼吸的には一瞬休められる場所があるけど赤城にはそれがないので本当にキツい。

途中休もうか何度も考えながらようやくゴール。今までの自転車人生で一番キツいヒルクライムであったと言えよう。ハルヒルも富士ヒルも討ち死に続出(降りて押す人続出)であるけど、このコースはなお初心者殺しだろうなあと思った。山頂で雨宿りするも止む気配はないので適当に休憩した後下山開始するも雨でびしょ濡れなこともあるし、春先くらいの寒さで夏とは思えない。ベストを持ってきたけどウインドブレーカーにするべきだった後悔。べーやたさんもカーボンホイールのため安全速度で下山。後ろから車が来ればくるまー!の掛け声をしつつ、ReVeloは安全運転です!

中腹を下った当たりから暖かさが戻ってきて体が動くようになり、道の駅に戻る途中、私はもう限界でちぎれてしまいました。みんな元気だな…。すべて病み上がりのせいにしよう。道の駅に戻って13時、昼食を取りに永井食堂まで30分どうする?と思ったけど帰りのことと壮くんの車が別ではぐれると面倒だからここで食べてしまおうと道の駅でモツ煮を食べたのですが、ここでも十分美味しかったです!以前いただいたお土産のモツ煮に近かったので本格的な群馬のモツ煮と言えよう。量も多くて満足。

食事後壮くんカーとべーやたカーに分かれて帰宅するも、お盆渋滞にはさほど巻き込まれずに解散することが出来ました。

今回突発的に遠征試行をやってみましたが、べーやたさんには車を出す、運転していただくという労力が発生してしまうものの4人で遠征すると人数割りすれば交通費もさほど掛からず、普段とは違う場所を走れるということがわかったのでまた折りをみて、次回はしっかり計画していきたいと思います。とりあえずは赤城榛名グランフォンド永井食堂付きのリベンジでしょうか。ただグランフォンドをやるのであれば、今回のような赤城山ヒルクライムガチ登りは体が持たないのでReVeloペースにならないような自制が必要です!

群馬はツバメが巣立つ直前でした。

次週は19日土曜日に亀井周回ReVelo練を予定しています。

Beginner'sPluck STRAVA

-トレーニング
-