トレーニング

ReVelo週末練 落合橋~堂平天文台(仮想ハルヒル対策)

2017/05/01

投稿が若干サボり気味ではありますが、ちゃんと練習はしてます!(いつも書いている気がする)
特筆事項がないとなかなか記事にしづらいので筆が鈍りますね。

GW入口の今回は私の希望でハルヒル対策したい。二本木→定峰はどうか?と伝えているとSeiさんより落合橋スタートで堂平天文台まで登ると15km、標高はちょっと足りないけど距離的には良いです!とのことでコース決定。参加者はGWさなかになるのであんまり来ないかなあと思っていたけど、直前でひろしさん、べーやたさん、すがわらさんと計5名のちょうど良い感じに。

いつものセブンイレブン大屋敷店に8時集合、物見山回避ルートを使って足を貯めるために”ゆっくり”行きましょうとスタート。私は36km/h以下に抑えてたのに、先頭が変わると徐々に速度が上がっていきいつものReVeloペースに(ヽ´ω`)
亀井のゴルフクラブ手前でKABAYAKI選手の霊が乗り移ったSeiさんがアタック開始!「うおー!」と叫びながら登っていくので追走開始するも、ちょっとばらけたので私は真ん中で抑えつつな感じでときがわ着。

ときがわセブンではラテックスチューブの話になり、私が「パンクしにくいから案外コスパ良くてブチルとも変わらないですよ。空気が抜けるだけかな」なんて言っていた矢先、再出発で私のラテックスチューブパンク(ヽ´ω`) 持ってないオトコやのぉ。エェエェ。

次に松郷を抜けてそば処 奥沢で地下水をいただき、落合橋で一旦停車。頂上着が同じくらいになるようにタイム差スタートにするとのことで、ひろしさんの5分後に私が2番目スタートで登り始めると、定峰までの緩斜面で速度を上げようとすると結構つらい。30km/h維持でも案外体力使うなぁと思いつつ進んでいると定峰に入り、今までのヒルクライムはどうしてもケイデンスが下がってしまうのでとりあえず80を維持してみよう。という目的で登ると、今回は案外イケル!定峰くらいの斜度だと休むダンシングでも進むし、自分でも満足な登坂。(遅いけど)

ただ、いつ後ろから後続が来るか気になって仕方が無い。多少余裕がある時に後ろを確認→いない→安心→登る!を繰り返し、定峰峠の茶屋に到着。それにしても先行したひろしさんが見えない・・・。今回はGWということもあり、多数のバイクと自転車のライダーが休憩していたけど休めないのでそのまま通過、白石に向かって登る!ここが一番つらい。斜度も定峰と比べてキツくなるし、路面は悪いし、日当たりも良くなくて薄暗いしでときがわエリアの一番嫌いな場所だけど、ハルヒルのキツさにも通じるので良い練習にはなるな。と、走りきった後だから思えるのであった。

白石に到着するとかなり息も上がっているけど、休まずに堂平天文台へ向けてラストクライム開始。ここ登るの2年ぶりだな・・・。幸いなことにあまり車も来なかったので登ると斜度的には定峰ー白石よりは楽で、一時平坦があるところが富士ヒルっぽくもある。堂平天文台ののぼり旗が見えて来てもうすぐゴールか!と思うけどゴールはまだ先。2回目ののぼり旗が見えるともうすぐな雰囲気が出てきて、少し登ってゴール!あれ?ひろしさんがいない・・・。

2-3分待つとべーやたさんゴール。どうもひろしさんはゴールを誤り、白石の茶屋でサイダーを飲んでいたらしく、後からゴールするとすぐにすがわらさんとSeiさんゴール。相変わらず堂平天文台は風が強く、息を整えるまもなくひろしさんは用事があるので下山開始。これだけ長い登りを登坂するのは久しぶりなんだけど、これって何気に良いコースな気がする。気合い入ったわぁ。富士ヒル出るの回避しようかと思ったけど、ここで練習積めば出ても良かったか。

その後はグリーンラインを下るつもりだったけど、時間もまぁまぁ経っているしグリーンライン側は食事できるところが下り切るまで無いので、亀井ー山村坂ルートで帰還開始。白石を下り切り、街中入る手前で流していると車が微妙な速度で追い抜いていくので今度は私の心の中のKABAYAKI選手が「車に追いつけ!」と叫んでいたので追走開始。明覚の駅過ぎまですがわら選手と一緒に車を追走して亀井方面に向かう途中でSeiさんとべーやたさん合流、その後は向かい風の南風を受けてひーこら言いながら子ども動物自然公園まえのうどん屋。べーやたさんは先に帰還するとのことでお別れ、残った3人でうどん食って帰りました。腹一杯になると動くのつらいわ・・・。

あ、6月納品予定のチームジャージが5月中旬予定になったようですよ!(文:ひらまつ)

Beginner'sPluck STRAVA

-トレーニング
-, , , , ,