トレーニング 単独練

白石峠 新ルート試走

2016/05/27

2015も秋に入り、半袖ジャージで走れなくなる日も近いかなと思い立って白石まで足を伸ばしてきました。

今回は急な思いつきと、白石までのルートを確認するためにソロ活動です。
R254バイパス起点から入ってひたすら北上、つきのわ駅あたりで県道172に左折で入るとそのまま白石まで行けるのでコース的にはわかりやすい。が、R254は砂は浮いているし車もR463に比べて攻撃的であまりお勧め出来ませんね。平坦で行けるのが利点かと思ったんですが遠回りなのでやはり物見山を経由した方が良さそうです。
白石手前のセブンイレブンで補給して、街中はゆっくり走って回復しながら白石入口の看板到着。
実は白石峠は下りで3回ほど来たことがあるのですが、登ったことは無いんです。と言うことで初チャレンジ。
白石峠
下りだけだとどんな感じか覚えていなかったんですが、中盤までは所によって10%越えの坂、中盤から終盤に掛けては6~7%と9~10%の坂が交互にと言う感じ(GARMIN EDGE510調べ)
富士ヒルクライム、グランフォンド軽井沢(白糸の滝)と坂の経験が無いわけではないんだけど10%越えが続く経験は初めてでめっちゃきつい。残りn.nkmと細かく出てくれるのが「まだこんなにあるのか」から、「やっと半分・・・」、「あと2km」と減っていくのは多少勇気づけになります。富士ヒルは長いけど緩い部分も多いので、短いとは言え正直白石の方がキツイです。
白石峠
そして何とか足を着かずにゴール。タイムは38分10秒でした。初めてにしては上出来なのか、あるいはまだまだ未熟なのか。
その後定峰の峠の茶屋まで降りるが日陰で寒い!奥武蔵グリーンラインの下りはホント寒いので真夏以外はウィンドブレーカー必須です。
定峰峠茶屋
定峰から折り返して白石まで登り、本当は鎌北湖まで抜けたかったんだけど途中で通行止めらしく、顔振峠の茶屋を過ぎてすぐに吾野駅方面におりはじめると、20%前後の急坂がずっと続く超危険地帯に入ってしまいました。ここはスピードが乗ってしまったら止まれず突っ込む可能性が非常に高く、グローブもクッションがあまり良い物をつけていなかったので手が痛くて痛くて耐えられなくなってしまい、途中何度か止まってようやく下山。道も悪く自分の中で絶対使わない道認定。
その後R299からR463へ入り自宅まで。やはりR463は走りやすい。次は鎌北湖からグリーンライン入ってをやりたいですね。
ちなみにこの日はオチがあり、メンバーのhagi10さんも白石にいたそうです。さらにsatoさんも物見山にいたらしく、声かければ良かった!という1日でした。125.4km 5時間23分(休憩除く)詳細走行データはSTRAVAにて。(ひらまつ)

Beginner'sPluck STRAVA

-トレーニング, 単独練
-